メインイメージ画像

意識しておきたいこと

どんなことに注意すれば、飲食店へ転職できるのでしょうか。あなたが厨房勤務で転職を希望しているなら、勿論調理の腕前が決め手でしょう。それから、接客業の方を希望しているのなら、面接は更に大切な事です。店側としては面接時のあなたの受け答え方を実際に接客している姿にあてはめながら観察するからです。言葉遣いはどうか、挨拶、姿勢など、他の面接時よりもいっそう気をつけなければいけないと思います。

そして、これまでのスキルがものを言うのも接客ですね。転職はどちらかというと前歴が多い場合がプラスに動く時がありますよ。前歴だけではなく、過去にアルバイトなら飲食店で経験がある場合は、積極的にアピールして、あなたが採用してもらえたら即戦力になるであろうことを面接の場で印象づけて下さいね。

転職したい会社の面接の中で志望動機は必ずある項目ですね。どんな訳で対象の職業を希望したのか。

それから、多くの企業がある中で何故この企業を選択したのか。しかるべく話せるように。しておくといいでしょう。職種への理解度やその会社の業績等を理解しているか、それを知った上で、志望しているのかを面接する側は見ますよ。

それに加えて、以前の仕事を選んだ訳を問われる場合があるでしょう。前職の企業への志望動機を質問する事によってあなたの転職の理由に矛盾することがないのかを、過去の考え方を知る事で、転職後も果たして会社にとって利益に繋がる人材となりえるのかを知りたいのですよ。いずれを聞かれても、消極的なイメージの言い方は避け、入社後挑戦したい事、自分が目標としたいことをしっかりと語れるように準備しておき面接に臨みましょうね。