slide 01 slide 02 slide 03

履歴書を書いてみよう

image

職探しにおいて、履歴書は非常に重要です。応募したい会社が見つかったら履歴書と職務経歴書を企業へ送り書類選考が行われますが、候補者を知る資料がこのレジュメです。企業の人事担当者は忙しく、履歴書が丁寧でないと最後まで目を通さないこともあるのです。そういった事態を引き起こさないためにも、履歴書は出来るだけ真剣に作成して下さい。転職活動では通常の履歴書と一緒に、今までの社会人経験をまとめた職務経歴書も作成します。今後転職をする方は、これらのレジュメの準備をしっかり行いましょう。

これらの必要な書類を書く上でのポイントをまとめます。

まず履歴書は、手書きでもパソコンで作成したものでも構いません。手書きする場合には、はっきりした字で記入しましょう。取得している資格は全て書き出し、空白がないようにしましょう。添付する写真は、スーツを着て撮った写真を使いましょう。

職務経歴書はいろいろな書き方があります。ネットでは作成方法が多く見られますので参考にしてみるのも良いでしょう。職務経歴書に関してはパソコンで作るのが一般的になっています。A41枚から2枚程度にこれまでの職務経歴や自己PRなどを簡潔に記入します。企業はこの内容をもとに面接をするかどうか決めるので内容は非常に大事です。

書類選考が通りにくい人は、もしかしたらこういったレジュメの内容に原因があるかもしれません。

職務経験の浅い若手社員は、自己PRの内容を入念に作りましょう。またレジュメの書き方が苦手だという方はインターネットを参考にしてみたり、人材紹介会社に登録して転職について聞くこともおすすめです。応募の前に提出する書類のチェックをしてもらえるので、合格率も上がるかもしれません。合理的で効率よく転職活動を成功させるにはこれらのサービスを使うのも良いですよね。